摂食指導ができる歯科医師の養成

摂食支援基礎実習コース

  • HOME »
  • 摂食支援基礎実習コース

2021年摂食支援基礎実習コース

基礎実習コース:7/3-7/4、満席

2021年摂食支援基礎実習コース

2020年摂食支援基礎実習コースのダウンロード

実習コース 基礎実習コース カリキュラム

コロナ禍でも安全に開催するためのスケジュールにしております

1日目 土曜日 座学 

講演時間 14:10-17:30

準備編

① 先生方はどこに訪問するのですか?

介護保険適応ですか?医療保険適応ですか?
その時同意を取るためにはどのような書式が必要ですか?

②『食べる』という動作を完成させるには、どのような筋肉(舌,口腔周囲筋)は動いているのですか?

③ 麻痺がある人はどのように食べているのですか?

④『食べる』という動作のどこが悪くて低栄養、脱水、誤嚥性肺炎になったのですか?
だからどうするのですか?

実施編I

<アセスメントの作製>

準備編①に対しての必要事項の記載方法、そのためのアセスメントの作製方法

<ミールラウンド>

準備編②, ③, ④に対して動画を見て何が悪いかを観察後、どうするかまでを考えて頂く

実施編II

<機能的口腔ケア> 動画にて

  • 拒否があり口を開けない人は?
  • 吸引器を使う口腔ケアは?
  • 口腔乾燥が激しい方は?  etc

<間接訓練> 動画にて

  • 廃用が進んだ方への方法  etc

実施編III

ミルランに関する説明

18:00~20:00  懇親会

個々の先生方より質問を受けます(パレスホテルにて開催、1人3000円)

この場でかなり細かな質問等に詳細にお答えいたします。個別相談会的な場になります。

指導衛生士も参加しますので積極的にご参加ください。

ホテルでの懇親会のため、感染対策には十分に気をつけて対応いたします。

2日目 日曜日 施設にて実習および座学

集合時間 9:30 パレスホテルロビー

実習時間 10:00~12:45

アセスメント、間接訓練

施設の患者に対して,先生と衛生士がペアになりアセスメント作製、食前体操および食前の間接訓練の実施。患者は2人(1人は指示が入る方、もう1人は指示が入らない方)

ミールラウンド

  • どのように食べさせると安全ですか?
  • 食形態は適切ですか?
  • ポジションはどうですか?
  • 食形態upのためにはどうしますか?

口腔ケア実習

食事の終わった方からケアを開始する。患者は2人(指示が入る方、指示が入らない方) 

座学講習 13:00~14:50(バスでの移動時間を含む)※先生と衛生士は別行動になります。

保険関連講習(先生)

敬愛ホームのロビーに移動して実施。終了後、バスでGIA会議室へ

それぞれの先生方が1カ月患者を(4回)みたとしてカルテ作製

  • 介護併用と医療のみのケースに分けて行う
  • 必要書類の説明、提出書類の説明
  • 質疑応答

ミルラン講習(衛生士)

バスでG I A会議室へ移動して実施

  • ミルラン実習
  • 質疑応答

15:00  GIA会議室にて解散

TEL FAX:03-6869-3588 お問い合わせはFAXまたはメールにてお願いします
当協会への入会には入会Webセミナーの受講が必要です

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本摂食支援協会 All Rights Reserved.